ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 英文論文誌 STAMのインパクトファクターが4.787に増加

英文論文誌 STAMのインパクトファクターが4.787に増加

昨年比26%の躍進で物質・材料系オープンアクセスジャーナルとしてさらに前進

2018年6月26日 (日本時間) にクラリベイト・アナリティクス社より2018年版Journal Citation Reportsが発表され、物質・材料研究機構 (NIMS)が刊行を支援する国際的な材料科学専門の英文論文誌 Science and Technology of Advanced Materials (STAM) のインパクトファクター(IF値: ジャーナルの評価指数)は、4.787と報告されました。

昨年 (IF=3.798) より26%の増加となり、この値は、材料科学・学際分野に類される世界285誌中51位、日本国内では10年以上継続の材料科学誌中第1位に位置します。

STAM誌は、我が国の材料科学分野の学術発展を担う役割の一端として、2004年度以来、NIMSがその刊行を支援しています。2014年からはスイスのEmpa (Swiss Federal Laboratories for Materials Science and Technology)との共同刊行を行い、2018年7月現在、編集委員長 (山口周 東京大学教授) をはじめとする世界13ヶ国70名以上の専門家を編集委員にもち、ナノデバイス材料、環境基盤材料、生体材料など材料科学研究の全般を網羅し、ゴールドオープンアクセスジャーナルとして、世界レベルの研究情報発信の場を提供しています。今回のインパクトファクターの増加は、STAM誌に掲載された論文が世界の材料科学国際コミュニティーに強い影響を与えつつあることを示しています。

「STAMインパクトファクタ(IF)の推移 (出典 : クラリベイト・アナリティクス社 2018年版)」の画像

STAMインパクトファクタ(IF)の推移 (出典 : クラリベイト・アナリティクス社 2018年版)



国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029