ホーム > 研究情報 > 研究体制
2018.07.30 更新

2016年4月、NIMSは第4期中長期計画をスタートさせました。

第5期科学技術基本計画に基づいた経済・社会的課題への対応や、「Society 5.0 (超スマート社会) 」の実現に向けた取り組みなど、基礎・基盤的研究開発の中核機関としての役割、さらに、特別設置法に基づく「特定国立研究開発法人」として、科学技術イノベーションの基盤となる世界トップレベルの成果を生み出す重要な役割を担っています。

また、日本のイノベーションシステムを協力に牽引していくことも求められています。
こうした背景を受け、今期、NIMSは産業界、大学とのオープンイノベーションを推進するグローバルなハブとして、「革新的材料開発力強化プログラム M3 (M-cube) 」を立ち上げました。
これらを踏まえ、各研究拠点は、物質・材料研究分野における研究開発成果の最大化に貢献できるようチカラを発揮しています。


研究拠点・研究部門の一覧

機能性材料研究拠点
無かったモノ、作れなかったモノを創る、そして未来を育む
エネルギー・環境材料研究拠点
エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指して
磁性・スピントロニクス材料研究拠点
省エネデバイスのための磁性・スピントロニクス材料の基盤研究
構造材料研究拠点
国土強靭化と産業競争力強化のための構造材料研究を産学官融合で推進する拠点
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
ナノテクノロジー・材料科学における世界トップレベルの研究機関を目指す
先端材料解析研究拠点
マテリアルイノベーションを加速する先端的なテクノロジー
統合型材料開発・情報基盤部門
データとの融合で物質・材料の研究開発を革新する
技術開発・共用部門
先端装置と専門家集団による研究開発の推進
研究組織・支援組織一覧
NIMSの各研究グループや研究支援部門の概要情報は、こちらをご覧ください

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029